こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

雨の日も着物でお出かけ

みなさまこんにちは。

書きたい話題がいくつもあるのですが、文章下手ゆえ、なかなか進みません。
ですがそちらは少し置いといて、雨の日の装いについて。

昨日、今日と、全国的に雨が続きましたね。大阪でもけっこう激しく降りました。

最近、数名の方から続けて、雨の日の装いについて尋ねられたので、
私の装いを書いてみますね。参考になれば嬉しいです。

雨の場合、行き先と用事の内容によっては、出かける前に
洋服に着替える事もありますが、着物のまま出ることも多いです。
その場合は雨対策をしっかりと。

今日の装い。


f:id:kogikuya:20150319122558j:plain

ウールの着物
雨ゴート
雨草履
そして、鞄には替えの足袋を準備。

写真は二部式コートの裾(裾除けと同じ形)を外した状態です。
裾があまりにも濡れていて、座席や周囲の人の服を濡らしてしまう
かもしれませんでしたので、外して附属のポーチに収納しました。
(因みに上衣は、道行と同じ形です)

木綿やウールでしたら、傘と雨草履と替え足袋のみでしのぐこともあります。
また、大島紬だと少しは水に強いようですので、お天気が心配なお出かけに
着て行くことも。とはいえ、やはりコートがあった方が安心出来ます。
(雨コートの下の着物の裾は、少し上げて、完全防備が望ましいです)

軽い雨だから傘で十分でしょう!と思っていても、後で輪染みになっていて、
泣く泣く、洗いに出すことになったことも。
つい先日のことです…
それもあって、反省の意味を込めての、今日のこの記事となりました(汗)

写真のコートは、着物初心者の頃に買った安いもの。
いつか自分サイズで作りたいと思っているうちに10年近く経ってしまいました。
予算との兼ね合いもありますが、出来れば今年中には作りたいなぁ。

こぎく