こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

ご飯で元気に!

みなさまこんにちは。

九州の大地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。
熊本、大分という土地へは、まだ私が着付けの自装を教わっていた頃、夫とツーリングで行ったことがあり、美しく壮大な自然に圧倒され、いつかまた走りたいと憧れ続けている場所です。

f:id:kogikuya:20160418000655j:image
阿蘇の麓で。
途中霧が出て不思議な印象でした。

美しい山々の変わってしまった姿、温かい人々の悲しむ様をテレビで見るにつけ、胸が苦しくなります。1日も早い救出と復旧をお祈りしております。私も自分が出来る支援を行い、そして日常では自分が今するべきことを粛々とこなしていこうと思います。

さて、本日のテーマはご飯で元気に!です。

バイクの事ではとても頼りになる我が夫、九州の不案内な土地でも先導してくれて頼もしかったのですが…普段の食べ物の好みと、運動不足に加え、このところの仕事の忙しさからストレスが溜まっていたのか、先週金曜日、腎臓結石で倒れてしまい、具合を確かめに電話をすると、息も絶え絶えな様子…
普段、少々の体調不良では仕事も休まず、深夜まで働いているのですが、結石の痛みは余程だったとみえて、午後早退して帰宅…夕方病院でもらった痛み止めが効いてくるまでは、ずーっと横になって唸っている有り様。

病院では、痛み止めを飲みながら石が出てくれるのを待つしかないですね〜と言われ、今はまだお石様をお腹に抱えております。

お石様に少しでも早く出て行ってもらうよう、また、仕事のストレスと痛みで緊張している気持ちを和らげる献立を考えてみました。

f:id:kogikuya:20160417234054j:image

はと麦と蓮実入りお粥
新玉ねぎ、胡瓜、コーンのマヨサラダ
春菊と金針菜の胡麻和え
干し椎茸と高野豆腐の煮物

はと麦とコーンで水分排出
金針菜と胡瓜で清熱
蓮の実とジャスミン茶は気持ちを穏やかに

はと麦は身体の水分調整することで、お肌をすべすべにしてくれますし、金針菜は血を補ってくれ、春菊も肌、肺、胃を整えてくれるお薬のような食材で、アトピーに喘息持ちで貧血という私にもぴったりな献立になりました。

気持ちを落ち着かせてくれる食材は蓮の実の他にも多数ありますので、このところの地震の報道を見て、気持ちが落ち着かない、という方は取り入れてみてはいかがでしょうか。蓮の実はスーパーにはないかもしれませんが、ジャスミン茶などなら入手しやすく、取り入れやすいかと思います。

ただ…こういう薬膳ご飯を、被災された方々にこそ、届けたいものだと、毎日のように感じています。温かくて身体のことを考えたご飯があれば、少しは気持ちも和らぐのではないでしょうか。
専門家でもなく、ブログも頻繁に更新しているわけではない私が、偉そうな事を書いていますが、ささやかな願いが伝わってくれればと思います。

こぎく

着付けのお稽古・着付けのご依頼承っております。
詳しくはHPをご覧下さいませ。