読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

夏を乗り切るために

お家ご飯と薬膳

みなさまこんにちは。

こぎくやでございます。

 

明日は立秋というのに、今日も汗が流れる暑さ。そして一歩建物に入ると凍えるかのような寒さ。(凍える寒さ、は、至極個人的感想です)熱中症対策、冷房対策は、いずれも万全になさって下さいね。

 

さて、まだまだ続く夏の暑さ、寒さを乗り切るために、食いしん坊家族の我が家は、もちろん食べ物で対策するのですが…

 

こぎく、初めて桃を買う

 

f:id:kogikuya:20160806105806j:image

 

朝ドラのサブタイトル的に書いて見ました(笑)

人生50年近く生きて来て、初めて自分で桃を買いました!

実は、今までは、桃はもらうもの、だったのです♡ありがたいことですね〜

小さい頃は、母の親戚があらかわの桃農家さんで、洗濯物カゴ(笑)いっぱいにおばちゃん曰くの『くず桃』(と言っても市場に出すには少し傷が付いてしまった程度で、中味は実に美味しい桃でした)をもらっていましたし、大人になってからも、実家の父がお中元に何箱も買うのをお裾分けしてもらってます。

 

おかげで、桃の相場を知らずに育ってきました(育ちすぎ)。

桃、高っ‼︎今までどんな贅沢な食べ方して来たのか、初めて知りました。全ての桃農家さん、ありがとうございます♡これからはもっと味わっていただきます〜

 

閑話休題

すみません、桃を買う話ではありませんでした。夏を乗り切るために桃を食べる、というお話しをするのでした。

 

今年もあちこちからもらった桃を全て美味しく頂いた頃、夫が風邪をひいて寝込みました…(涙)

そこで桃再登場。

 

なぜ、桃なのでしょうか。

桃の薬膳的性質は…

身体を潤わせ、少し温める作用があり、気と血を補い、巡らせる。腸を潤わせて元気にしてくれる。

甘味と酸味が程良く相まっていて、滋養強壮に良いことと、必要以上の水分が身体から流れ出るのを防ぐ。

 

えぇー⁉︎

良いこと尽くめではありませんか♡

夏バテ、夏冷え、どちらも解消してくれて元気にしてくれるだなんて!

有名な話かもしれませんが、桃太郎伝説で、太郎さんが桃から生まれた、というのは、実は、老夫婦が桃を食べて若返って、子どもを授かった、ということから出来た話だとか。(もっと突っ込むと、神話の時代にまで遡って同様の桃伝説があるそうです)

もちろん、老夫婦といっても昔のことですから、20代後半から30代頃かと思われますので、現代なら子供を授かっても不思議ではないですが、当時の人々にとっては後世に語り継ぐほどのことだったのでしょうね。

 

そんな訳で、夏疲れで倒れそうな2人、もうしばらく、桃が出回っている間は桃を食べて乗り切ろうと思います。

 

こぎく