読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

愛しの染め織り

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

もはやご飯ブログ?と思うくらいに食べ物のお題が続きましたが、本日は手仕事のことを。あ、でも私の手仕事ではないのですけどね(笑)

 

先日、珍しく洋服を衝動買いしてしまいました。

 

f:id:kogikuya:20161115235754j:image

 

藍染の巻きスカート♡

 

お遣い物を探しに街へ出ていた日のこと。

ひと休みしながらネットを眺めていたら、すみれ庵さんfacebookに投稿された記事に目が留まりました。


なになに…

『大丸梅田店一階で』

『和歌山の龍神村で、主に和綿やアジア綿を藍染したストールやマフラーなどを織ってはる作家さんの展示』

『心安まる「藍色」の世界』

ですって⁉︎

 

むむむ!

 

龍神村‼︎

和歌山育ちとしては読み流せません。

(和歌山育ち、と言うより、個人的に思い出が多い場所で…つい) 

 

そのうえ…

 

藍染の手織り‼︎

染織り好きには堪らない魔法の言葉♡

 

そうとなれば次の行動は、『予定をさて置き、さっそく寄り道する』の一択です。

 

大丸梅田店で行われていた『日本のものあわせ』展(ごめんなさい、会期終了しています…)

 

出展されていた手織り作家の菅野あゆみさん

自ら和綿を育てたり、こだわって選んだ茶綿を輸入したりして、手紡ぎした糸で手織りされているそうです。

 

お話を伺うと、菅野さんは、私もお邪魔したことのある『ぬぬぬパナパナ』に参加されている作家さんでした!

(本当はすみれ庵さんの投稿にはしっかり書かれていたのを、私が見落としていたのでした…はぁ〜おっちょこちょい!汗)

kogikuya.hatenablog.com

 

 

そして、もうお一方、藍染作家の澤口隼人さん。

日高川町で、染色の『ニワカヤマ工場』を営んでいらっしゃるとのこと。

 

会場には、菅野さんが織られたストールや、澤口さんが染められた洋服がたくさん展示されていました。

 

作品を見せて頂くまでは、染め織りの展示が見られれば嬉しいな〜程度の気持ちで参りましたが(す、すみません💦)、一転、これを着たい!となってしまって…

 

最初の写真に戻る訳です。

 

f:id:kogikuya:20161116010559j:image

 

デザインを菅野さん、染めを澤口さんが担当された作品。

前身頃の合わせ方が着物と同じで嬉しい!菅野さんが『着物みたいなスカートを作りたい』とデザインされたそうです。

 

f:id:kogikuya:20161115224825j:image

 

上手く写せなくて申し訳ないのですが、澤口さんこだわりの生地には、地模様で水玉が織り出されています。自然光の下だと光の反射ですごくきれい!

リボンの一部には菅野さんが織られた生地があしらわれています。

後ろ身頃にはコーデュロイ生地が使われていて暖かそう。

 

さらに胸がキュンとしたのは…

 

f:id:kogikuya:20161115225045j:image 

 

手作りのネームタグと値札。

捨てられませんよぅ…(;▽;)

 

丁寧に作られたお気に入りの服をまとう楽しみ。この頃ではなかなか難しく、贅沢なことではないでしょうか。そんなところも着物と通ずる気がして、嬉しさもまたひとしお。

 

衝動買い、とは言いましたが、これは運命の出逢いなので、定め通りのお輿入れなり♡

 

こぎく