こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

夏こそ着物

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

本日のお題に入る前に。

 

先日のおゆずり市では、お待ちしたその日のうちに、全ての子たちが連れて帰ってもらえたとのことでした。

ありがとうございました😊

 

どこかの食卓で、美味しいお手伝いをさせてもらっているなら、こんな嬉しいことはありません。幸せのお裾分けを頂いた気分。

また機会があれば、参加させていただきたいです♡

 

さて。

放ったらかしの実家の庭にも夏来たる。

一輪の蓮の花が、こんなにも清々しいものだとは。目にもご馳走です。

 

f:id:kogikuya:20170716114843j:image

 

猛暑日、という言葉がごく当たり前に聞かれるようになりましたね。

こう暑くては、着物なんて着ていられないわ💦そう思われる方が多いかもしれません。

 

ですが、私にとっては夏こそ着物!

こんなに快適なのに、着ないともったいない〜

 

⚫︎衣紋、袖口、振り、身八つ口など、開口部が多く、風が通りやすく快適。

 

⚫︎絽や紗などの夏向けの織り地や、麻、竹などさらりとした素材が心地よい。

 

暑い最中に、涼やかな風を感じさせてくれるのが夏着物です♡

 

そして…

 

⚫︎麻や竹などはお家で洗えてお手入れ簡単。(もちろんポリエステルも)

 

お財布と心に優しい(笑)

もちろん正絹もありますが、私はほぼ洗える素材で過ごします。

 

そして私にとっては一番大事かも?な夏着物の恩恵。

 

⚫︎胃腸から腰周りという、身体の大切な部分がしっかり布で覆われていて、冷えない。

⚫︎膝、ふくらはぎ、足首など、血流、リンパの流れる大事な部分が布で覆われるため、冷えない。

 

冷えない×2回も(笑)

 

つまり、冷房が効いている室内でも、身体が冷え過ぎず、夏バテの原因を作りにくい。

 

これは私の個人的感想かもしれませんが、胃腸や腰周りが冷えてしまうと、一気に疲れが溜まります。

また、足元の冷えは貧血にも繋がりますので(だって血流が上半身に戻って来ないんです…こわいですよぅ)、お年頃の私たちには危険ですよね💦

 

元々脾胃が弱く、体力のない方は、その傾向が強いのではないでしょうか。

 

夏の暑さが厳しくなったと言われていますが、それに比例するように冷房の強さも増しています。電車や会社、地下街、ショッピングモールなど、何処もかしこも冷房が効いているので、長時間滞在すると凍えそうになります。

以前、あまりの寒さに血圧が下がりすぎ、めまいを起こしてしまったこともありました…

 

だから、夏こそ着物♡なのです。

 

先日おゆずり市にお邪魔した日の着物。

 

f:id:kogikuya:20170716180859j:image

 f:id:kogikuya:20170717174117j:image

 

新之助上布に麻の半巾帯を合わせて。

衿合わせはいつもよりゆったり目、帯位置も気持ち低めです。

 

涼しくまとい、身体は冷やさない。

夏こそ着物で快適に。

 

こぎく