こぎくの着物便り

着物と、暮らしと、時々バイク。着付け講師こぎくの好きなことを綴ってまいります。

きものの日 妄想着物コーデ

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

今日、11月15日は、『きものの日』だそうですね。

実は10年以上着物生活をしながら、『きものの日』の存在を知りませんでした。(汗)

購読させて頂いているブロガーの、softwindさまから教わりました。

ありがとうございました😊

11月15日は七五三、かまぼこの日、のど飴の日、昆布の日、きものの日、口腔がん検診の日、蔵の日、いい遺言の日、一般鳥獣狩猟解禁日、等の日です。 - 風に吹かれて旅するブログ

 

ちょうど七五三のこの日に、家族揃って着物を着てほしい、とのことで、全日本きもの振興会が1966年に制定されたそうです。

 

その頃には既に着物が普段着ではなくなっていた、ということですよね、残念ながら…

 

かく言う私自身、今日は洋服で職場に出ておりましたので、着物は着ていませんでした(泣)

 

ちょうど先日頂いて来たものの合わせ方を考えておりましたので、妄想コーデ遊びをしてみました。

 

藤鼠色のお召

f:id:kogikuya:20171115221639j:image

 

黒地の縞大島

f:id:kogikuya:20171115221656j:image

 

白地の紬(ポイントクローバーの絣柄)

f:id:kogikuya:20171115221715j:image

 

縮緬紬の無地

f:id:kogikuya:20171115221731j:image

 

後で気付くと、全て、かたものばかり。

縮緬紬はかなり柔らかいですが…)

もちろん、柔らか物にも、ウール着物にも合わせられそうです。

 

ここに帯揚げ、帯締めで色を差すと、雰囲気がまた変わります。

 

それぞれ、美術館に行くなら、友人と食事に行くなら、お稽古事に行くなら、京都に遊びに行くなら、など、シーン別に考えるのも楽しいです。

 

みなさまもぜひ、妄想着物コーデで遊んでみてくださいね。

そしてイメトレを活かして、着物でお出掛けなさってください♡

 

こぎく