こぎくの着物便り

着物と、暮らしと、時々バイク。着付け講師こぎくの好きなことを綴ってまいります。

最後のみかん

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

ご訪問ありがとうございます😊

 

週末は和歌山でも雪が散らつくお天気でした。

身体はずいぶんと寒さにも慣れて、そんなお天気の中でもカブであちこちお遣いに。

それよりも何よりも、木と紙と土で出来た家での家事が一番辛かったです。

気密性って素晴らしい…

 

そういえば、前回実家の庭先で寝て?いたうっかりさん…今回も全く同じ形でそこにおられました。

おそらく天寿を全うされたものと…ホロリ(´;ω;`)

 

季節の移り変わりは全ての動物に、ある意味等しく、影響を及ぼすものなのですね。

 

南無阿弥陀仏

 

***

 

この週末は、関東に住む兄が応援に来てくれました。

 

雪の舞う中、柑橘類の収穫です。

 f:id:kogikuya:20180129190332j:image

 

すきま風が入る、且つ、暖房の入らない玄関で仕分け作業。

寒暖差アレルギーやら喘息やらあるのに、ありがとう…

f:id:kogikuya:20180129190429j:image

 

甘夏、八朔、レモン、不知火(一般的にはデコポンデコポン登録商標だそう)。

父が可愛がって育てていた果樹たち。

完全無農薬です。

 

木はそれぞれ一本ずつですが、たくさんの種類が楽しめます。

父はご近所さんや友人達にそのまま配ったり、ジャムにしたり、ピールを作って食パンに焼き込んだり(マメ…)、皆さんに喜んでもらっていたそう。

 

兄も持ち帰った柑橘類をジャムにする予定だそう。(マメ…あら?遺伝?)

食いしん坊且つ面倒くさがりの私は、そのまま頂きます♡

 

この収穫を終えたら、土地は地主さんにお返しするので、これが最後の収穫。

 

f:id:kogikuya:20180129205208j:image

 

甘夏と八朔の区別がつかず、兄と二人、畑の中で一つずつ皮を剥いて試食。

甘夏が酸っぱくて酸っぱくて震えました…

追熟期間のあと、甘くなったものを頂くのが今から楽しみです。

きっと甘くなる…はず。

 

***

 

そういえば、幼い頃にも兄と二人で夏みかんを持っておりました。

 

f:id:kogikuya:20180129205806j:image

 

みかんを持ってにんまり。

三つ子の魂百まで食いしん坊。

 

こぎく