こぎくの着物便り

着物と、暮らしと、時々バイク。着付け講師こぎくの好きなことを綴ってまいります。

中秋快乐!中国料理倶楽部で月餅作り

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

ご訪問ありがとうございます😊

 

八月に極上叉焼を教わってから早ひと月。

またまた教わってまいりました♪

九月は待望の月餅です♡

 

試食でいただいた絶品月餅♡

f:id:kogikuya:20180924201043j:image

(お茶は東方美人茶に山査子、玫瑰花)

 

木の実がぎっしり詰まって香ばしく、ほのかに甘いお酒の香り♡

しっとり練り上げられた優しい餡♡

どちらも見て美しく、食べて美味しいお菓子です♡

 

中国では満月は家庭円満の象徴で、中秋節となると親族一同が集まって食卓を囲み、皆んなの幸せを祈念するのだそうです。

月餅はその月を模った縁起の良いお菓子。

丸い月餅をみんなで分け合って食べるようです。

中国各地、それぞれ特徴のある月餅が作られているようですが、日本で親しみのあるのは、やはり広東風のものでしょう。

 

教室に着くと、既に準備万端整えて下さっていました。

f:id:kogikuya:20180924195401j:image

一人にひとセット。

自分で包んで作ります。

 

今回作る月餅は二種類。

 

ひとつは、九種のナッツと四種のドライフルーツを使った贅沢なもの♡

 

『九仁月饼』

元々は五種の木の実を使う『五仁月饼』ですが、今回は九種ですので『九仁』。

f:id:kogikuya:20180924195450j:image

 

この木の実たちは、前日に先生が全て手切りで刻んで下さったものです。

適当な粗みじん切りだと、細かい屑がたくさん出て、切り分けた時の断面に影響するから、とのこと。

細部にまで拘ることで、初めの写真のような美しい断面が出来上がるのですね。

 

もうひとつは、蓮の実で作った餡に、月餅ならではの咸蛋(卵の塩漬け)を包んだもの。

 

『莲蓉蛋黄月饼』

f:id:kogikuya:20180924195407j:image

 

この咸蛋も、先生が一月前から仕込んで下さっていた自家製のものです!

f:id:kogikuya:20180924200149j:image

ぽっこり。

 

蓮の実餡にはアレンジで栗の実を入れたものも作りました。

 

これらを小麦粉で作った生地に包んで

f:id:kogikuya:20180924200505j:image

 

型に入れますと…

f:id:kogikuya:20180924200757j:image

 

既に月餅!

オーブンで焼けば完成です(*´∀`*)

 

そして、自分が作ったものは、全て持ち帰らせていただけました♡

 

本日、いよいよ中秋の名月

 

名月…

 

め…

 

f:id:kogikuya:20180924231432j:image

 

お月様は少し眠たげな様子で、雲の向こうからほんのりと光を放っておりました。

 

月餅は作ってから四、五日寝かせた頃が一番の食べごろ、とうかがいましたが、今日、まさにその日を迎えております♪

 

うふふふふ〜

f:id:kogikuya:20180924220950j:image

 

お皿の上でお月様を愛でてから

中国土産の鉄観音と。

f:id:kogikuya:20180924231519j:image

 

ん〜やっぱり美味しい♡

これはまたすぐに復習しなければ♡

食べたいだけではなく、覚えている間に復習することが大事ですものね(まぁ、食べたい!が一番の動機かもしれませんが…苦笑)

 

来月の中国料理倶楽部は、豚肉の米粉蒸し。

 

高槻市にある中国料理と点心の教室「中国料理倶楽部」

 

あまり耳馴染みのない料理名ですが、新しいお料理を教わるって嬉しいことですよね♪

 

普段の食卓に、気軽に、本格中国料理を出せると、ごはんの愉しみがもっと増えそうですね。

 

食いしん坊こぎく