読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

国は違えど

着物以外の好きなこと

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

とうとう12月に入りましたね。

今年もあとひと月。寒さが増すこれからの季節、成人式を控えていることもあり、体調管理には気をつけています。

 

ところで、先日の着付け練習会の日、素敵な物を見せて頂きました。

 

f:id:kogikuya:20161201211134j:image

 

見えますでしょうか。左端に

『せぬいちょう』

と書かれています。

そして右側に貼り付けられているのは、『背守り』と呼ばれていた縫い模様です。

 

大人の着物は後ろ身頃に二枚の布を縫い合わせた背縫いがありますが、子どもの着物は反物の幅をそのまま後ろ身頃に使うため、背縫いがありません。

着物が日常着として普通に着られていた 頃は、子供が10歳を迎えられずには亡くなることも多かったようです。背守りは、そんな時代に、子供の健やかな成長を願って付けられたもの。背後から魔が入り込まないよう、お守りとして付けられていたそうです。『縫い目』の目が睨みをきかせて魔を遠ざけると考えられていたのだとか。着物にはまってから知った事でしたが、初めて実物を目にしました。

 

お花や麻の葉、他にも縁起の良い図柄など、色んな模様が縫われています。

お母さん、おばあちゃん達の、子ども達に対する切なる思いを込めて縫われたのでしょうね。

 

さて、そしてこちら。

f:id:kogikuya:20161203215246j:image

f:id:kogikuya:20161203215323j:image

 

少し前、アメリカの友人を訪ねた際、友人のお母様のお祖母様が子どもの頃に使っていたというベッドスプレッドを見せて頂きました。なんと100年以上も前から受け継がれて来たというこのスプレッド、代々その家族の子ども達が使って来たのだそう。ひと針ひと針、丁寧に編まれて、また、縫われていました。

欧米では、子ども達は小さい頃から個室を与えられ、一人で寝るのだそうです。幼い子達が楽しい気分になれるよう、寂しくないよう、色とりどりの糸で、可愛い模様をと、親御さん達が心を込めて作られたのでしょう。

 

日本でも、アメリカでも、その目的や方法は少し異なりますが、どちらの国でも親御さんの温かい心のこもった手仕事が、子ども達を守って来たのですね。

 

こぎく

目標高く、帯高く!

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

今年もこの季節がやって来ました。

世の着付け師さん達がそわそわする時期です。そう、成人式まであとひと月と少し‼︎

 

今は通常の着せ付けサービスをお休みさせて頂いておりますが、成人式は前々からご依頼頂いており、来年もお仕事させていただけます。嬉しいことです。

 

一緒に仕事をさせてもらう皆さんとの練習会。

今年もさつき梅さんのご厚意で教室をお借りして行いました。さつき梅さんありがとうございます!モデルの琴さんもありがとうございます(≧∀≦)

 

f:id:kogikuya:20161127151458j:image

 

目的はあくまでも練習ですが、皆んなが持ち寄る色んな振り袖も楽しみのひとつ。アンティークや総柄の振り袖など珍しいものもあって眼福眼福╰(*´︶`*)╯♡

 

ところで、振り袖着付けのポイントは帯の高さ!胸高に締めることが大事です…が、これが悩ましい〜

 

他にも、帯結びのアレンジを加えたり、帯揚げの結び方を考えたり、時間はいくらあっても足りませんが、一手、一手で決めなければ!

鍛錬が必要ですな…

 

お稽古の合間にほっとひと息のお八つ刻。琴さんが米粉のブラウニーを作って来て下さいましたー‼︎美味しいっ(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

f:id:kogikuya:20161127151633j:image

 

次は私も何か持って行きまーす‼︎(о´∀`о)

(はい、私、皆さんからもらってよばれただけでした…苦笑)

 

あ、いや、そんな締めではなく。

次は一発で帯位置が決まるよう自主練しておきまーす‼︎

 

こぎく 

愛しの染め織り

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

もはやご飯ブログ?と思うくらいに食べ物のお題が続きましたが、本日は手仕事のことを。あ、でも私の手仕事ではないのですけどね(笑)

 

先日、珍しく洋服を衝動買いしてしまいました。

 

f:id:kogikuya:20161115235754j:image

 

藍染の巻きスカート♡

 

お遣い物を探しに街へ出ていた日のこと。

ひと休みしながらネットを眺めていたら、すみれ庵さんfacebookに投稿された記事に目が留まりました。


なになに…

『大丸梅田店一階で』

『和歌山の龍神村で、主に和綿やアジア綿を藍染したストールやマフラーなどを織ってはる作家さんの展示』

『心安まる「藍色」の世界』

ですって⁉︎

 

むむむ!

 

龍神村‼︎

和歌山育ちとしては読み流せません。

(和歌山育ち、と言うより、個人的に思い出が多い場所で…つい) 

 

そのうえ…

 

藍染の手織り‼︎

染織り好きには堪らない魔法の言葉♡

 

そうとなれば次の行動は、『予定をさて置き、さっそく寄り道する』の一択です。

 

大丸梅田店で行われていた『日本のものあわせ』展(ごめんなさい、会期終了しています…)

 

出展されていた手織り作家の菅野あゆみさん

自ら和綿を育てたり、こだわって選んだ茶綿を輸入したりして、手紡ぎした糸で手織りされているそうです。

 

お話を伺うと、菅野さんは、私もお邪魔したことのある『ぬぬぬパナパナ』に参加されている作家さんでした!

(本当はすみれ庵さんの投稿にはしっかり書かれていたのを、私が見落としていたのでした…はぁ〜おっちょこちょい!汗)

kogikuya.hatenablog.com

 

 

そして、もうお一方、藍染作家の澤口隼人さん。

日高川町で、染色の『ニワカヤマ工場』を営んでいらっしゃるとのこと。

 

会場には、菅野さんが織られたストールや、澤口さんが染められた洋服がたくさん展示されていました。

 

作品を見せて頂くまでは、染め織りの展示が見られれば嬉しいな〜程度の気持ちで参りましたが(す、すみません💦)、一転、これを着たい!となってしまって…

 

最初の写真に戻る訳です。

 

f:id:kogikuya:20161116010559j:image

 

デザインを菅野さん、染めを澤口さんが担当された作品。

前身頃の合わせ方が着物と同じで嬉しい!菅野さんが『着物みたいなスカートを作りたい』とデザインされたそうです。

 

f:id:kogikuya:20161115224825j:image

 

上手く写せなくて申し訳ないのですが、澤口さんこだわりの生地には、地模様で水玉が織り出されています。自然光の下だと光の反射ですごくきれい!

リボンの一部には菅野さんが織られた生地があしらわれています。

後ろ身頃にはコーデュロイ生地が使われていて暖かそう。

 

さらに胸がキュンとしたのは…

 

f:id:kogikuya:20161115225045j:image 

 

手作りのネームタグと値札。

捨てられませんよぅ…(;▽;)

 

丁寧に作られたお気に入りの服をまとう楽しみ。この頃ではなかなか難しく、贅沢なことではないでしょうか。そんなところも着物と通ずる気がして、嬉しさもまたひとしお。

 

衝動買い、とは言いましたが、これは運命の出逢いなので、定め通りのお輿入れなり♡

 

こぎく

 

 

今年は簡単干し柿

お家ご飯と薬膳 着物以外の好きなこと

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

先日届いた巨大渋柿。

今年はこんな形で干してます。

 

f:id:kogikuya:20161111235556j:image

 

あまりに大きくて軸が重みに耐えられるか心配だったのと、届いてから仕込むまで数日開いたら既に数個柔らかくなっていたため、麻紐を通して吊るすのは諦めて。

 

1センチくらいの厚みに輪切りして、網の覆い付きの笊に並べました。焼酎に漬けたり熱湯にくぐらせたりはしません。

 

丸ごとだと出来上がるまで結構な日にちが必要ですが、この薄さだとすぐに食べられそうです。仕上がりが楽しみです〜

 

それにしてもこの蓋付笊、ぴっちり閉まるし、雨の日はこれごと室内に取り込めば良いし、ほんま優秀やわ〜(*゚▽゚*)

嵩張って大変やったけど、台湾から無理くり持って帰って来て良かったです♪

 

こぎく

市場帰りの秋薬膳

お家ご飯と薬膳

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

秋薬膳と書きましたが、今日はもう立冬ですね。なんと今日から冬ですよ(汗)今年の秋の記録として書き留めておきます。

そして、市場のお話、もう少しだけお付き合い下さいね。と言いましても、買って来たものの方です。

 

f:id:kogikuya:20161106183120j:image

 

左上は高架下のイベント会場に出店されていた、カヌレ堂さんのカヌレ四個入り♡次の日の朝ご飯にいただきました〜写真を撮る隙もなく一瞬で消えましたが(苦笑)

むっちり食感と控えめな甘さでまた食べたくなります。

可愛らしい見た目とお味のバリエーションはお店のサイトでどうぞ⇨セキュリティチェック

 

写真右の濃い茶色はむかご、左下の白っぽい丸いものは百合根です。どちらも秋の養生にぴったりな食材です♪

 

そしてこの日の夜は、さっそく秋の薬膳定食に♡

 

f:id:kogikuya:20161106192120j:image

 

牛ごぼうと百合根の卵とじ

根菜の味噌汁

きくらげの甘酢和え

むかごご飯

 

百合根ってどうやって食べるの?という方も多いようですが、茶碗蒸しに入れたり、肉類と炊き合わせたり、八方出汁で緑の野菜と炊き合わせたり、ホクホク食感を活かしてお芋さんの代わりにジャーマンポテト風に炒めたり、色々な使い方が出来ます。(でも、我が家はだいたい卵とじ…簡単なのでつい…汗)

 

むかごご飯は、二合のお米に一合くらいの割合でむかごを入れて、お塩少々を加えて炊きました。

むかごは炊き込みご飯でしか食べたことがなかったのですが、市場のおじ様がおっしゃるには、唐揚げにしたり蒸して塩をぱらりとかけても良いみたいですし(塩茹でも)、野菜や海老などと合わせてかき揚げも美味しそうです。

 

むかごご飯、牛ごぼうと百合根の卵とじは、翌日、実家にも持って帰りました。父親にも大好評でお箸が進んでいました〜良かったです♪

立冬を迎えましたが、秋薬膳はまだしばらく続けます。旬の食材を使いながら、少しずつ冬の食材に移って行きます。

 

そして。

秋薬膳つながりでおまけの一枚

 

f:id:kogikuya:20161107211319j:image

 

巨大渋柿❣️in柿の種ボックス(笑)

リクエストにより、写真差し替えました(笑)

昨日ちょうど、栃木の妹が送ってくれました!庭に植わっていて、放ったらかしでこれだけ大きな実が成るんだそうです♪

 

柿も秋の養生食材です。

身体に潤いを与えてくれて、肺の熱を冷ましてくれるそうです。

ただ、身体が冷えるのと、消化しにくいのとで、生で食べるには注意が必要だそうで…元々胃腸が弱く冷え性な私は、そうとは知らず、体調低めの時に柿を丸々一個食べて頭痛、胃痛と腹痛に苦しんだ過去があります…元気な時なら大丈夫なんですが、その事がトラウマで、今も半個以上は食べないようにしています。

 

さて、渋柿です。

去年は皮を剥かずにしばらく放置していたら追熟していて、自然に渋が抜けて甘〜くなっていました。ただ、とろっとろになりすぎて、夫が食べられなくなったので(とろとろネバネバが嫌い@ようやく骨が引っ付きました〜ホッ)、今年は早めに剥いて干し柿にすることにします。

ちなみに、干し柿にしたら、冷やす性質がなくなり、胃腸への負担も減るようなので、やっぱり干した方が良さそう!干し柿ならお料理にも使えて便利ですしね。

 

季節にあった食材を腹八分目。

続けて参ります。

 

こぎく

なにわ食いだおれマーケットin木津市場

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

はきはきタウンの誓文払いからテクテクテクテク…歩いて向かった次の目的地は。

 

なにわ食いだおれマーケットin木津市場❣️⇨大阪市 浪速区 「なにわ食いだおれマーケット in 木津市場」を開催します!

 

木津市場の朝市と、なにわ区のイベントが融合した食のお祭りです!前日の夜、エミさんから、こんなんもあるよ〜と聞きましたので、ええ、もちろん、朝ごはん抜きで挑みましたよ!

(胃腸の調子が良くなかったとも言う…)

 

f:id:kogikuya:20161104113624j:image

 

ここでのお目当は…

ポスターに小さく写る丼が見えますでしょうか?

 

のっけ丼祭り!

のっけ丼祭り‼︎

のっけ丼祭りですってー💨💨💨

 

大事なことなので三回言いましたよ(苦笑)

しかも300食限定‼︎

 

まずは、市場東側、高架下の定食屋さんで丼にご飯をよそってもらいます。お値段150円也。

それからこの提灯のあるお店を目指してズンズン進みます〜

 

f:id:kogikuya:20161104115129j:image

 

市場の中はお客さんで大賑わいで、どこで情報を得られているのか、外国からの観光客の方もたくさん!皆さん旅先の下調べ完璧ですね〜私も見習わねば💦

 

最初に見つけた乾物屋さんでは、海苔とふりかけをなんと無料で振舞って下さいました!この、初めに海苔、というのが良かったです〜とは後で分かるのですが(笑)

その後、魚屋さん、魚屋さん、魚屋さんと回り(笑)出来上がりましたのがこちら╰(*´︶`*)╯♡

 

f:id:kogikuya:20161104115444j:image

 

友情のイクラのっけ丼♡

実は途中の魚屋さんでのっけ丼の具材としてイクラを売っていたのですが、私の手前で品切れ〜´д` ;(あまりに多くのお客さんで、解凍が間に合わなかったようです)

不憫に思って下さったエミさん、琴さんが、少しずつイクラを分けて下さいました♡ありがとうございました〜ホロリ(´;Д;`)

 

小ぶりな丼ですが、なんのなんの!お海苔はご飯と馴染んで良い感じやし、新鮮なお魚たっぷりで、大変美味しゅうございました(๑>◡<๑)

のっけ丼の具材は、他にも、しらす、玉子焼き、たくあんなど、種類も豊富にあったようです。来年もあるかな〜のっけ丼祭り♡

 

ご飯を堪能した後は、再び市場の中に戻って、あちこち探索。

 

f:id:kogikuya:20161104121013j:image

 

お鯛さん!大っきい‼︎

 

 f:id:kogikuya:20161105210641j:image

 

市場ですのでお昼頃には皆さん店仕舞いの準備をしていらっしゃいます。

 

f:id:kogikuya:20161105210304j:image

 

この日はハロウィン直前で、お店のお母さんやお父さん方もハロウィン風におめかし♡あまりに素敵なお母さんやったので、お願いして写真撮らせていただきました^ ^

(お顔隠してごめんなさい)

 

八百屋さんで買い物をして、はぁ〜楽しかった、と外のテーブルで一休み。

 

f:id:kogikuya:20161105211826j:image

 

友情のティータイム♪

エミさん琴さんがまたまた分けわけして下さいました♡とろとろふるふるなわらび餅に黒豆アイス最中♡大変美味しゅうございました〜(*´ω`*)

 

そして、これだけたくさん遊んでまだお昼過ぎ‼︎早起きしたら1日が長いです‼︎

この後、市場の側のスーパーの魔界っぷりに興奮して抜け出せなくなったり(笑)なんばパークスで今度会いに行く遠方の友人へのお土産を物色したり(ええもんめっけました〜うふふ^ ^)、近くて楽しい大人の遠足となりました。

 

来年も誓文払いと同じ日だと良いなぁ(*´ω`*)

 

こぎく

 

 

誓文払いには早起きで

着物でお出かけ

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

誓文払いとはなんぞや?

 

『10月20日に,商人や遊女などが,平素商売の駆け引き上,客にうそをついた罪を払い神罰を免れるため,京都四条寺町の官者(かじや)(冠者)殿に参拝する行事。近世以来行われ,この日を含めて前後数日間,罪滅ぼしと称して京阪の商店では特売などが行われる。 [季] 秋。』

三省堂大辞林より

(上記の日付は旧暦のものだそうです)

 

つまり、安売り♡ 

好きな言葉です〜うふふ(*´∇`*)

 

そして…何年か前に初めて聞いてから、ずっと行ってみたいな〜と思っていた、日本橋はきはきタウンの誓文払い。

 

エミさん琴さんがお出かけ予定やと聞いて、連れてって〜とお願い♡

朝8時半の待ち合わせでスタートしました。

 

いつも通り着物で向かいましたら…エミさんも琴さんもまさかのお洋服…えぇーっ⁉︎なんでー(・Д・)⁉︎

その理由を身に染みて理解する時が後で来るのですが、それはまだ少し先のこと…

 

開店予定の9時頃から人だかり。

 

f:id:kogikuya:20161101211141j:image

 

その理由はこのお値段かも…

 

 f:id:kogikuya:20161103234924j:image

 

傘は間に合っているので買いませんでしたが、こんな感じで履物屋さん、洋品店さんなどが店頭で安売りされているのです!

 

私たちもお宝目指していざ!

 

最初に決めたのが、足袋で試着したこれ

 

f:id:kogikuya:20161101211728j:image

本革ショートブーツ。

これからの季節に重宝しそうでしょ?

 

f:id:kogikuya:20161101211836j:image

 

お洒落着物に合わせるセミフォーマル風味の草履。

足のサイズは23㎝足らずなのですが、Ⅿサイズでは幅が...がぁぁぁぁん( ;∀;)

お値段チラッと写ってます〜

 

f:id:kogikuya:20161101212012j:image

 

男性用雪駄…ベランダ用(笑)

夫も履くので大きいサイズにしました。

 

f:id:kogikuya:20161101212024j:image 

 

二枚刃の下駄。

普段着の紬や木綿にぴったり 〜(*´∇`*)

 

これだけ買って、諭吉先生一枚とちょっと♡

これは早起きして出掛ける値打ちがあるというもの!8時半集合と聞いて一瞬怯みましたが、ちょうど良かったですー(*≧∀≦*)

 

さて、お二人がお洋服の理由が、ここでようやく、身にしみて分かりました…

 

重たい…´д` ;

 

お二人ともリュックやボディバッグ+エコバッグご持参でした。お買い上げ商品の持ち運びも楽そう〜(*´꒳`*)

一方、着物姿の私…荷物は手で持つしかなく、大きな紙袋をぶら下げてえっちらおっちら…最後には肩がもげるかと思いました…来年も行けるなら、絶対に洋服と、数泊分詰められるような、どでかリュックに致します(`_´)ゞ

 

さて、はきはきタウンでのお買い物はこれでお終い。この時まだ午前10時!まだまだ1日は始まったばかり。ヤッター(`・∀・´)

観光客でごった返す黒門市場を抜けて、次の場所へ向かいます。

 

f:id:kogikuya:20161101215651j:image

 

つづく(笑)

 

こぎく