こぎくの着物便り

着物と、暮らしと、時々バイク。着付け講師こぎくの好きなことを綴ってまいります。

平たい顔にはあっさり味を。

みなさまこんにちは。
こぎくでございます。
ご訪問ありがとうございます😊

先週書きかけていた記事です。

 

あのあと直ぐにアップする気になれず、全く違う記事を挟みました。

試験のダメージがかなりひどかった所為でもありましたが(笑)

 

***

 

私、割と食いしん坊です。
子どもの頃は、帰宅するとすぐに冷蔵庫を開けて、母親にいつも叱られ、呆れられていました。

お腹が空くと不機嫌になり、狂暴化しましたしね…(全然穏やかじゃありませんでしたよ〜>葉月さま!笑)

好きなものを、好きに食べられることほど幸せなことはない(笑)


結婚してからは、夫の苦手なものは食卓に出し難くなりましたが、それでも、どうにも、どうしても諦め切れない食べ物は、自分だけ食べるように。

 

アボカドもそのうちの一つです。


先日無性にアボカドが食べたくなり、スーパーで買って帰りました。

翌日は、夫が普通に出勤、私は所用でお休みをいただいてるというタイミング。


まずは夫を送り出してから鼻歌交じりでアボカドを切り、お醤油垂らしていざ実食♪

 

f:id:kogikuya:20180516233155j:image

 

朝ごはんには茶粥を食べています。

和歌山のソウルフード

この時以来、あれこれ試して、最終的に茶粥に落ち着きました。

朝ごはん - こぎくの着物便り

 

いつもはこの茶粥と、茹で卵半分と、お弁当のおかずが少し、という内容ですが、この日はお菜も盛りもりに♡

朝から車で和歌山に行く予定でしたのでね。

しっかり食べなくちゃ!

しっかりね!

あ〜至福の時♡

 

と、食べ終わらないうちから、喉が少しイガイガ、カユカユ…

 

ん?

なんだか胸がドキドキ、頭がうにゃうにゃ〜

 

思い出しました。

 

私、ここ一、二年、マンゴーが食べられなくなっておりました。

台湾旅行ではアイスモンスターのマンゴーかき氷も堪能して来たのに。

嗚呼、思い出しても美味しい♡

台湾旅行記*美味しいもの編 - こぎくの着物便り

 

このあと、どうもマンゴーアレルギーを発症したようで。

マンゴーを食べると喉に痒みが出るようになっておりました。

 

 

が…

 

そうですか。

アボカドさん、あなたもですか。

そうですか。

ああ、そうですか…

 

がぁぁぁん…

 

私の身体が、年々、美味しいものを受け付けなくなって来ているのですね…

 

同じような果物のアレルギーでは、桃やアンズ、梅、さくらんぼなどにも症状が出ることがある、と、友人たちから言われ、桃が大好きな私、大いにショックを受けております。

 

真ん中に大きな種のある果物が危ないとも聞きました。

(確かに!上に書いたのは、どれも全て大きな種があるものばかりですね。)

 

いや、桃はまだ大丈夫かもしれませんよ?

気を取り直して、旬を待ってみましょうね!

 

未練たらたらです…

 

だって。

桃は夏にも身体を冷やさない(なんなら少し温めてくれる)素晴らしい果物!

冷たい物を摂らない私にも食べられる嬉しい食材なのですよ…

夏を乗り切るために - こぎくの着物便り

 

南国系の果物でアレルギーを発症される方は年々増えているのだそうです。

 

食物アレルギーだなんて、自分には関係のない話だと思っていましたが、あっさり発症してしまいました。

 

アレルギーには腸が深く関係していると言われていますが、私は四十路を超えた頃から貧血がひどいので、内臓(の粘膜)が弱っているのだと思われます。

食いしん坊なのに胃が弱くて、一度にたくさんは食べられないですしね…脂の多いお肉も身体が全力で拒否しますしね( ;∀;)

(貧血⇨血液で運ばれるはずの酸素が不足⇨筋肉や粘膜が弱る、という図式のようです。)

 

アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)

アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)

 

 

 

寄生虫博士♡のご著書。

まだ読んでいませんが(苦笑)

 

***

 

貧血が治れば胃腸も元気になって、アレルギーも完治するかな?と、淡い期待を抱いて、日々のごはんを作っています。

 

が。

その前に、老化で反応が鈍くなる方が早そうだけどね…( ̄▽ ̄;)

 

平たい顔族代表みたいな平目ちゃんとしては、やはり、文明開化以前、お江戸の頃の食生活を心掛けることが、身体に合っているようです。

 

こぎく