こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

お盆に畑で考えた

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

先日立秋を迎えましたので、暦の上では秋が始まり、世間はお盆でしたね。

 

今年はお盆休みだからとツーリングにも行かず、野良仕事に精を出すことに。

前々回の記事に、土用期間だから草刈りも出来ない💦と書きましたが、もはや言い訳出来ない時期となりました!

 

ので。

 

 ひみつ道具を二つ手に入れました❣️

 

f:id:kogikuya:20170814124634j:image

 

Makita の刈り払い機

可愛いゴム長靴❣️

(可愛い必要はないですが、気分よく作業するには、可愛い方が嬉しい😊)

 

そして、ほとんどの人にはどうでも良いでしょうが、これ‼︎

 

f:id:kogikuya:20170814133953j:image

 

混合燃料‼︎

燃料がコメリに売ってるんです‼︎

良いの?混合だから⁉︎

(調べてみたら、取り扱い量の問題みたいですね!個人的ツボでした‼︎)

 

ペットボトルの口部分が置いてあるのは、お盆で妹と一緒に来和してくれてた義弟さんが、こうすると溢さずに入れられるよ、って教えてくれたんです。

ありがとー(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

そして、いざ!

前よりも背が高く、深い草叢となってしまった畑に挑みます‼︎

 

Before 

f:id:kogikuya:20170814134521j:image

 

After

f:id:kogikuya:20170814134533j:image

 

なんということでしょう。

(二枚のアングル&サイズが違って分かりにくい?ですよねー💦)

若干、いやいや、か〜な〜り、虎刈りの感は否めませんが、そして、刈り払ったというより、薙ぎ倒しただけ、感もありありですが、面積の半分くらいは嵩が減りました。

 

時間の経過が見られるのは、前日夕方スタートして、力尽きた時既に闇深かったため、です(苦笑)

 

刈り払い機の扱いに慣れたら、残りの半分も綺麗に刈る(薙ぎ倒す、ではなく)ことが出来そうです。

 

少しずつ見えて来た、元の畑を見ながら、ぼんやりと心に浮かんだことがいくつかあります。

 

足元の見えない草むらにも、何の心配もなく足を踏み入れて行ける。気をつけるのは蛇や蜂くらいです。何も考えずに入って行っても、地雷に身体を飛ばされること心配も無いんだなぁと。

突拍子も無いことを、と思われる方もいらっしゃるでしょうか。しかし、常にそんな心配をしながら暮らす人々がいることも事実。すっかり過去のものだと勝手に思い込んでいた地雷原のこと、まだまだ撤去完了した訳では無いのだと、つい最近、読者になっているとあるブログで知りました。

現代の日本に育って、畑仕事ならそれだけに専念出来る私達にとって、普段は想像もつかない事かもしれません。でも、実際には、多くの方々が、地雷の危険と隣り合わせで生活している、ということに、目を向け、正しく知っていくべきだなと、そんなことを考えました。

 

ところで、私が来られない間に、ご近所のお父さん方が、道に張り出して来ていた草を、何度となく、刈って下さっていました。

 

f:id:kogikuya:20170814135239j:image

 

うう…明らかに仕上がりが違います…(;´д`)ま、年季が違いますもんね💦比べてはいけない…

 

近隣のひとが困っていたら、何を言うでもなく、手伝ってくれる。草がはみ出して危ない!と文句を言われることはありません。

これを、田舎の人は優しいですね、という言葉で片付けたくはないものです。

都会の人とであっても、違うお国の人とであっても、同じようにお付き合い出来るはず。困っていれば手を貸し、利害だけで相手を責め立てることをしない。

国という殻を剥いたら、中にあるのはやっぱり人と人のお付き合い。 みんながそう考えられればいいな、と。

 

そんなことを考えた、八月十五日でした。

 

草刈りは残り半分。

お休みが終わってしまうため、後日となりますが、ひみつ道具もあることですし、今月中には元の畑の姿が見えて来そうです。

 

f:id:kogikuya:20170816110834j:image

 

潤いたっぷりの、こんな季節ぴったりの差し入れも戴いたことやし、前向いて頑張りましょっ!

 

こぎく

 

ご飯の味方

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

ふふふ。

もう、本当に、他の方にとってはどうでも良いことかとは思うのですが、あまりに楽しいので、記事にしてしまいます。

 

とうとう手に入れました…

曲げわっぱのお弁当箱‼︎

 

前々からエミさんや琴さんが使ってはるのを、いいなぁ〜と思って見ていました(*´Д`*)

 

だって…曲げわっぱに入れたご飯は美味しい!のですもの‼︎

 

ご飯から出る水分を曲げわっぱが程よく吸収してくれて、冷めたご飯も美味しく頂けるのです。

また、この水分調整機能のおかげで、夏はご飯が傷みにくく、冬はご飯が固まりにくいという特長があるので、食いしん坊の私にとっては理想のお弁当箱♡

故に、ご飯の味方(苦笑)

 

いざ探し始めると、小さな小判形のお弁当箱に、到底手の届きそうにないお値段がついていて、いつも溜息とともに諦め、長らく恋い焦がれておりました。

 

が、先日、天神橋筋商店街の一角に、期間限定の木工品店が出ていて、その店先に曲げわっぱがたくさん!

しかも…これだから大阪人は、と呆れられるかもしれませんが(苦笑)お値段はどれも二千円台、三千円台というお手頃なものばかり。有名な工房の作ではないとか、使っている木材の色目が濃かったりまだらだったり、僅かな傷があったり、などの理由のために、通常流通販路には出さなかったのだと思われます。

 

たくさんある中から、こちら、檜の白木のものをいただいて帰りました(´∀`*)

 

f:id:kogikuya:20170808075848j:image

 

普段、機械ものの取説などは全く読まない私ですが、買って帰ったその日にネットで調べ、注意点を確認してから使い始めました。せっかくの曲げわっぱ、大事に使いたいですからね。

 

・油ものには弱い

・中性洗剤は使わない(普段はお湯洗いで、汚れが取れなくなったら、クレンザーとタワシで新しい木目を出すのだそうです)

・出来るだけすぐに洗う

・完全に乾かすには丸一日掛かるので、毎日弁当持参なら、二個を交互に使う

 

えぇぇ⁉︎

一つしか買ってませんよ…

ていうか、二千円台とは言え、二個買えるほどお小遣い無いですよぅヽ(´o`;

 

二個目はさすがに諦め、食後すぐにきれいに洗い、しっかり乾かして持ち帰ることで、なんとかひとつで乗り切る作戦に。

 

一週目

f:id:kogikuya:20170804230328j:image

 

二週目

f:id:kogikuya:20170804230332j:image

 

週一でとうもろこしご飯が入っているのはこの季節ならでは。

お菜は主菜のみお弁当用に作り、副菜は晩ごはんの残り物や、冷蔵庫にある野菜を適当に、それでは時間が足りない、穴埋め出来ない、という場合には、茹で卵をデン!と。(でも、卵は入ってると嬉しいし、何よりも、頼りになる潤い食材ですからね!)

脂が気になるお菜の時は、仕切りだけではなく、底面にも大葉を敷いてから詰めて行きます。でも、屁のつっぱりにもなっていないんでしょうね…ま、気持ちです(^_^;)

 

曲げわっぱを手にしてから、お弁当を食べるのが今まで以上に楽しみになりました♡中身は変わらないのにね(しかも、作るのが楽しみと言い切れないところがツラいです…苦笑)

 

もちろん、以前に使っていたお弁当箱も大好きで、お弁当時間が待ち遠しかったです。

 

 f:id:kogikuya:20170809233417j:image

 

みんな大好き?ガッチャマン(笑)

 

兄のお古。

私自身とほぼ同い年のアルミのお弁当箱。

食洗機に入れられないので、手が掛かることに変わりありませんが、多少扱いが雑でも平気なので、帰宅後、しばし水に浸して放置し、その後スポンジで軽く撫でるように洗えば良いのです。

今は曲げわっぱですが、ガッチャマンには初冬くらいから再登板願う予定です。お弁当バッグの底にカイロを敷いて、保温しようという作戦。上手くいきますかどうか、またご報告しますね。興味お有りの方楽しみになさっていて下さい(何の予告…苦笑)

 

いずれも私の大切なご飯道具。

これからも丁寧に扱って、長くお付き合いしてまいります。

 

こぎく

 

 

 

 

天神祭で初浴衣

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

あっという間に七月も最終日で…と打ちながら寝落ちしてしまい、既に八月に突入しておりますね。

季節が進めば過ごしやすくなるとはいえ、七月が終わると夏もあと少し!そう思うと、なんだか淋しい気持ちになってしまうのは私だけでしょうか…(笑)

 

先週の火曜日、天神祭が開催されましたね。そして編み部スペシャルも同時開催されました!(*´∀`*)

 

浴衣姿の皆さんでパチリ📸

 

f:id:kogikuya:20170731222302j:image

 

後ろ姿も撮って頂きました。

 

 f:id:kogikuya:20170731222635j:image

 

今年最初の浴衣だったので、一番好きな臈纈染で♡これ、去年、ツーリングに持って行った(笑)浴衣です。

今年もたくさん着られますように。

 

着崩れる前に記念撮影をして頂きましたので、心置き無く食べ部スタート(笑)

 

f:id:kogikuya:20170731223016j:image

f:id:kogikuya:20170731223036j:image

 

お手作りの散らし寿司に鶏の南蛮漬け♡
デパ地下のお楽しみ惣菜♡

シュウマイに温野菜サラダ♡
おまけにデザートまで♡

 

f:id:kogikuya:20170731223847j:image

 

琴さんお手製のグルテンフリーロールに、やはり琴さんお手製のカラフル水無月🌙石州名物の幸福饅頭。

この後あらかわの桃🍑まで頂き、もうお腹ぱつんぱつん💦

あ〜濃く淹れたお茶が怖い(笑)

 

ところで、この日は何も編みませんよ(笑)はなからお祭りを楽しむ日ですから(*´∀`*)

 

テレビ大阪のお祭り中継を見ては出演者さんの浴衣に『あれ可愛い💕』とか、帯を見て『あれは◯◯結びのアレンジですね〜』とか、やっぱり浴衣まわりが気になる私たち。

 

話しの流れで、急遽帯結びを教えて頂きました❣️

 

f:id:kogikuya:20170801192314j:image

 

リボンが二つ重なった結び方♡

張りのある麻帯でカッチリ。

ふんわり兵児帯なら更に可愛らしく出来そうです♡

 

なんだかんだ、わいわいガヤガヤと楽しい時間でした〜ご一緒下さった皆さま、ろじゅあんの静奈さま、ありがとうございました(*´∀`*)

 

こぎく

土用はどうよ?

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

のっけからすみません。

タイトルやからしております。

 

もとい!

気を取り直しまして。

梅雨も明けて、いよいよ夏!

ですが、同時に土用に突入しました。

 

子どもの頃からよく聞いていた『土用の丑の日』、の、土用。

実のところよく分からないまま鰻を食べるだけでしたが、薬膳を教わり始めてから、季節の一つとして考えられているらしい、ということが、なんとな〜く分かって来ました。

 

一番よく耳にするのが、夏土用かと思います。

立秋の前18日間、二十四節気大暑を挟む、ちょうど今、一年で一番暑い時期ですね。

 

この土用期間をどう過ごすかが、次の季節に影響するそうですよ。

 

●やってはいけないこと

土用には、『土の気』が盛んになって来るので、土に関わる作業をしてはいけない、と言われているらしく。

土仕事、引越し、開業、などなど。

 

実家の畑は、草刈りのタイミングをうしなったまま土用に突入し、いまやこの有様…すまぬ( ̄▽ ̄;)

 

f:id:kogikuya:20170723141434j:image

f:id:kogikuya:20170723141439j:image

 十薬(ドクダミ)もわっさわさ!

 

土用は季節の変わり目に割り振られていて、その間に無理をすると体調を崩しやすいから、土仕事をしないように言われ始めたのだろう、という説も聞きます。

が、夏土用に関して言えば、土用までに必要な仕事を済ませないと、草が伸びのびし過ぎて大変!だからそれまでに終わらせなさいよ‼︎

という事じゃないかと、体感しております…

あ、これは極私的感想であり、参考にはなさらないで下さいね(苦笑)

 

草刈りなど、手入れ、維持することなんかは、やってもいいんだ、などとも言われていますので、すごく早起き出来たらやりましょ!

 

 ●夏土用の養生

いつも以上に脾を労わる。

よく噛んで食べる。

 

気温も上がり、湿度も高い夏ですから、身体は疲れやすく、胃腸への負担も増します。よく噛んで、腹八分目で済ませることで、消化吸収を助けてあげないとダメなのだそうです。

 

私は特に脾が弱く、少しの不摂生がアトピーの悪化に繋がるため、この季節は本気出します!(いえ、年中本気で養生してますが💦)

 

●うのつく食べ物

なぜ『う』なのかな?と思っていましたら。

十二支を一年に割り振ったとき、夏土用の頃、七月は未の月であり、その対極、一番寒い時期にあたる、丑の月の気を取り入れることで、暑気あたりを無くそう、という考えに基づいたものだとのこと。そこで、『丑の日にうのつく食べ物』となったそうです。

 

何故鰻か?平賀源内の…という件は有名なので割愛させていただきまして、何も鰻に限った話ではなく。『う』の付く食べ物なら良いのです。

でも、『う』のつく食べ物って?

 

そう言えば、『澪つくし料理帖』でも、澪ちゃんが『う〜う〜、う〜』と悩んでいましたもんね。

 

料理レパートリーの少ない私には、心強い友人がいてくれました!

薬膳教室の友人が、乾物屋さんに勤めていて、なんと1000レシピを目指して頑張ってはります♪

 

ameblo.jp

 

こんなにたくさんの『う』 のつくお献立♪ありがとう〜参考にさせてもらうよ〜(*´∀`*)

 

そして♡先日のアンズ舎さんでも、卯の花のお菜がありました♪

写真再掲。

 

f:id:kogikuya:20170723145427j:image

 

卯の花のポテトサラダ風!

おからを乾煎りして水分を飛ばしてから、胡瓜やミョウガなどのお野菜と混ぜ、塩胡椒にマヨネーズで味付けされたそうです♡水分が少ないので、お弁当にも良さそう!

 

鰻、梅、瓜科、卯の花、こじ付けのような理由で挙げられた割には、どれも夏にぴったりの食べ物ですね。

私も腹八分でいただいて、しっかり夏土用の養生をいたします。

 

そんな夏土用の着物は…

 

f:id:kogikuya:20170723150228j:image

f:id:kogikuya:20170723150251j:image

 

竹繊維の入った夏着物。

帯も麻のもの。

六月からこちら、週末ごとに、先日の新之助上布と、綿麻小千谷、そしてこの竹繊維着物の三着で着回ししております。

どれもさらりとして、着心地良いので、夏着物初めてさんにもおすすめです!

 

こぎく

 

夏こそ着物

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

本日のお題に入る前に。

 

先日のおゆずり市では、お待ちしたその日のうちに、全ての子たちが連れて帰ってもらえたとのことでした。

ありがとうございました😊

 

どこかの食卓で、美味しいお手伝いをさせてもらっているなら、こんな嬉しいことはありません。幸せのお裾分けを頂いた気分。

また機会があれば、参加させていただきたいです♡

 

さて。

放ったらかしの実家の庭にも夏来たる。

一輪の蓮の花が、こんなにも清々しいものだとは。目にもご馳走です。

 

f:id:kogikuya:20170716114843j:image

 

猛暑日、という言葉がごく当たり前に聞かれるようになりましたね。

こう暑くては、着物なんて着ていられないわ💦そう思われる方が多いかもしれません。

 

ですが、私にとっては夏こそ着物!

こんなに快適なのに、着ないともったいない〜

 

⚫︎衣紋、袖口、振り、身八つ口など、開口部が多く、風が通りやすく快適。

 

⚫︎絽や紗などの夏向けの織り地や、麻、竹などさらりとした素材が心地よい。

 

暑い最中に、涼やかな風を感じさせてくれるのが夏着物です♡

 

そして…

 

⚫︎麻や竹などはお家で洗えてお手入れ簡単。(もちろんポリエステルも)

 

お財布と心に優しい(笑)

もちろん正絹もありますが、私はほぼ洗える素材で過ごします。

 

そして私にとっては一番大事かも?な夏着物の恩恵。

 

⚫︎胃腸から腰周りという、身体の大切な部分がしっかり布で覆われていて、冷えない。

⚫︎膝、ふくらはぎ、足首など、血流、リンパの流れる大事な部分が布で覆われるため、冷えない。

 

冷えない×2回も(笑)

 

つまり、冷房が効いている室内でも、身体が冷え過ぎず、夏バテの原因を作りにくい。

 

これは私の個人的感想かもしれませんが、胃腸や腰周りが冷えてしまうと、一気に疲れが溜まります。

また、足元の冷えは貧血にも繋がりますので(だって血流が上半身に戻って来ないんです…こわいですよぅ)、お年頃の私たちには危険ですよね💦

 

元々脾胃が弱く、体力のない方は、その傾向が強いのではないでしょうか。

 

夏の暑さが厳しくなったと言われていますが、それに比例するように冷房の強さも増しています。電車や会社、地下街、ショッピングモールなど、何処もかしこも冷房が効いているので、長時間滞在すると凍えそうになります。

以前、あまりの寒さに血圧が下がりすぎ、めまいを起こしてしまったこともありました…

 

だから、夏こそ着物♡なのです。

 

先日おゆずり市にお邪魔した日の着物。

 

f:id:kogikuya:20170716180859j:image

 f:id:kogikuya:20170717174117j:image

 

新之助上布に麻の半巾帯を合わせて。

衿合わせはいつもよりゆったり目、帯位置も気持ち低めです。

 

涼しくまとい、身体は冷やさない。

夏こそ着物で快適に。

 

こぎく

 

 

 

 

おゆずりして来ました

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

三連休初日、いかがお過ごしでしょうか。

先日お知らせしたおゆずり市、昨日から始まっていますよ♡

私も今朝からお皿たちを連れて行って来ました。

 

f:id:kogikuya:20170715185419j:image

(お昼13時頃の写真です)

 

新しい出逢いを待つ子たち。

本やCDもあります。

 

私が出したお皿たちのうち、銅の子たちは、並べてすぐに連れて帰ってもらったみたいです。

可愛がってもらってね。

 

今日は開店と同時に満員御礼だったアンズ舎さんで、パン定食をいただきました(´∀`*)

 

f:id:kogikuya:20170715215627j:image

 

パンに合うお菜。

でも、絶対白ごはんにもあう〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

真似っこしたいお菜ばかり。

お弁当に入れよう❣️

 

さてさて、そんなアンズ舎さんは、今月末に五周年を迎えられます㊗️

おめでとうございます〜(*´∇`*)

 

記念して発売されたアンズT。

 

f:id:kogikuya:20170715220824j:image

 

ちびっ子たちのもぐもぐイラストがお気に入りです♡

 

着物だったので、だいたいで合わせて、帰ってから早速お着替え♪

入って良かった(笑)

 

なんと、繁昌亭で朝席終わり伯枝師匠もこれを着てご来店❣️

お似合いでした〜(〃ω〃)

 

手放すこと、新しく手に入れること。

どちらもモノに対する想いは同じ気がします。

 

大事にしたいから手に入れる。

大事にしたいからこそ手放す。

 

せっかく我が家に来てもらったモノたち、これからも大切にします。

 

こぎく

 

夏のおゆずり市

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

蝉が鳴き始めましたね。

梅雨明けも近いのでしょうか。

新しい季節を前に、アンズ舎さんで楽しみな催しがあります。

 

”夏のおゆずり市”

7月14日(金)〜7月16日(日)

アンズ舎さん営業時間内

 

*アンズ舎さんHPより*

お家に眠る自分では使わなくなったけれど、まだまだ使えるもの、他のひとにとってぴったりなもの。
そんな使ってない素敵なものを必要な方におゆずりする会です。

ご縁を大切に。モノを大切に。

*アンズ舎さんHPより*

詳しくはこちらのおゆずり市の箇所をご参考下さいませ⇨アンズ舎と。 7月のアンズ舎。

 

ありますよね。

自分ではもう使わないけれど、まだまだちゃんと使えるもの。

使うつもりで買ったけれど、出番なく棚の奥に眠ったままのもの。

その子たちにも、きっと他に活躍出来る場所があると思うのです。

 

他のどなたか、楽しんで使って下さる方の元へお届け出来る、素敵な催しです。

 

私も少しばかり、出させていただきます。

 

ガラスのお皿

f:id:kogikuya:20170712010210j:image

 

銅?のお皿

f:id:kogikuya:20170712005648j:image 

 

何処かで見たことのあるような気がするお皿(笑)

f:id:kogikuya:20170712010404j:image

  

何れ劣らぬ『The 昭和感』満載のお皿達。

寸法は15㎝前後で、四枚、若しくは、五枚一組でお出ししています。

 

昔は何かにつけ親族一同集まって食事をする機会も多く、お皿は何枚あってもいいものだったんですよね。

親戚の叔父さんや叔母さん達に可愛がってもらった(からかわれていた⁉︎)ことが懐かしく思い出されます。

 

とはいえ、実際に使われることなく、箪笥の肥やしとなった物もたくさんあり、実家で見るたびに、この子たちを不憫に思っていました。

 

今回出させていただく、懐かしい感じのお皿たちも含め、皆さんの持ち寄られるモノたち、きっと楽しんで使って下さる方がいらっしゃるはずです。

 

まだ見ぬ貴方へ。

週末は新しい出逢いを探しに、アンズ舎さんへ、ぜひ。

もちろん、美味しい珈琲と焼き菓子も♡

 

素敵なご縁が繋がりますように。

 

あ、先日ご紹介した一升枡は出していませんので、あしからずご了承くださいませ(笑)

 

こぎく