読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

世界遺産のおまけ

着物以外の好きなこと

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

別記事にて、と書いていながらどうせまた一月くらい空くのだろう…と思わせておいて、まさかの翌日に!頑張りました。

しかも、おまけ、なのに一番の長文(笑)

 

新宮から新しく出来たらしい自動車専用道路を乗り継いでなんとか夕方には串本に到着。(確かこの道でした⇨近畿自動車道 紀勢線(すさみー太地・新宮ー大泊)|道路ナビ|紀南ポータル|紀南河川国道事務所

 

f:id:kogikuya:20160925181850j:image

橋杭岩の奇岩群。

 

立ち並ぶ岩の姿が橋の杭のように見えることからその名が付いたとか。橋杭岩 - Wikipedia

 

若い頃、会社の先輩と日帰りで走りに来て以来、20年振りの橋杭岩。その時の目的地は那智の滝でした。体力も有り余っていたんですね〜苦笑

当時ただ岩を眺める場でしかなかったこの辺りにも、きれいな道の駅が出来ていて大賑わい。食べ損ねていたお昼ごはんを食べようとするも、大混雑を前に二人して脚が止まってしまいました。

 

夜までお預けかも…(T_T)

 

そう諦めかけてふと山側に目を遣ると、道の向こうに『Cafe&ランチ・ケープタウン』とあり、カフェなら落ち着いて食事が出来る〜イソイソ♪と、喜んで道を渡りました〜( ´ ▽ ` )


が、ドアを開けた瞬間、夫と顔を見合わせ、やっちまったな〜と目で頷きあうことに…

何しろ、年季の入った店内は、ザ・昭和の喫茶店!そして店員さんは、カフェ、からは想像出来ないおじさまお一人…

 

しかし‼︎
この昭和の喫茶店、やってくれたのですよ♡

 

ランチメニューはほぼワンコイン¥500‼︎

夫は牛丼ランチ、私はオムライスをお願いしました。

待つ間、店内を見回すと、初めは気づかなかったお洒落な絵や内装。

パリ、モンマルトルの油絵は、ご主人のご家族かご友人が描かれたのでしょうか、お写真と共に飾られていました。

 

そうこうするうちに、念願のランチが⭐︎

 

f:id:kogikuya:20160925183923j:image

美味しかった!

やっちまっただなんて、ごめんなさい(大汗)

 

食後にお願いした珈琲にも、おじさまのお心遣いが⭐︎

 

f:id:kogikuya:20160925184410j:image

 キュンとするー‼︎(≧∇≦)

 

ホットとアイスを頼んだのですが、淹れる前に、ホットはどちらの方?と尋ねられ、私だと答えたところ、女性なら、ということでこのカップを選んで下さったそうです♡

そして疲れてるだろうからと、小さなチョコのお菓子を付けて。

そんな小さな気配りも実に嬉しいおもてなしでした。

 

お店の写真は撮らせてもらわなかったので(この時点でちょっと疲れてきてたんですね〜汗)ご紹介は食べログさんにお任せ⇨[食べログ]アクセスが制限されています

 

おじさまと橋杭岩に別れを告げ、またバイクに跨り、家路を急ぎます。

 

すさみからは高速道路に乗りますが、手前の道の駅でトイレ休憩。⇨道の駅すさみ

 

こちらで美味しい出会いがありました♪

和歌山と言えばみかん♡

そのおみかんのお味がギューッと濃縮された堪らない美味しさ♪( ´▽`)

 

 f:id:kogikuya:20160925222409j:image

早和果樹園の、飲むみかんのジュレ

飲むみかんのジュレとてまりみかんジュレギフト|和歌山、みかんゼリーの早和果樹園

 

試食させてもらって、すぐにお土産に決定‼︎

あれ?でも、バイクにはもう何かを積み込む余分な隙間なんてないですよ…

大丈夫です!私、浴衣を持って来ておりましたので(笑)、腰紐がございます‼︎

腰紐、名前はアレですが、襷にしたり、子供を負ぶったり、荷物を背負ったり、大変便利なのです〜

てことで。

 

f:id:kogikuya:20160925192010j:image

 

しっかり最後まで荷物を支えてくれましたー!

 

そしてようやく高速道路へ。

この時点で午後6時を回っておりました。走るうちにあたりはどんどん暗くなり、あっという間にナイトツーリングに。

 

f:id:kogikuya:20160925193926j:image

上の方の光の点がお月さま、下のは外灯。

 

暗くなると走りにくいと思われるかもしれませんが、実は逆に走りやすかったのです。

夫にも、暗くなってから楽そうに走ってるね〜と言われました。

 

暗いと周りの景色や、余分なものに気を取られず、ただただ必要な情報だけが目に入ります。そしてその事が運転に集中できる好環境を作ってくれるのです。

しかも。

この頃には身体はすっかり疲れ果て、気持ちだけで家に向かっておりました。

疲れている時には身体の余分な力が抜けています。それで軽く運転出来ていたのですね〜

 

途中、湯浅のサービスエリアで休憩している時にそんな話をしていて、以前見たテレビ番組で、エアレースの室屋義秀選手が話されていた事を思い出しました。

熱い薬缶に触ってしまって、熱いっ!と言って手を離す迄には、手から脳に熱いという情報が入って、脳から手を離す指令が入る、という時間がかかりますが、頭で考えるより早く手を離す、レース中にはそれくらいの感覚で反応しなければならない場面の連続だとのこと。

そしてその反応が出来るよう、日々練習に練習を重ねていらっしゃるそうなのです。

 

誠に厚顔な話ではありますが、疲れて走っていた正にその時、ちょっとだけ、そういう動きが出来てたんじゃないかなぁと、夫と話しておりました。

 

そして、ふと、話は舞に飛びまして。

舞でもやっぱり、余分な力は不要ですし、音を聞いて考えるのではなく、身体が音に直に反応出来なければなりません。そこから次の段階に進めるのですが…そこまで自分でどれだけお稽古出来るか…これからも精進致しますm(_ _)m

(師匠がこの記事に気付きませんように…)

 

そうこうするうちに、無事、実家に戻って参りました。

 

f:id:kogikuya:20160925224412j:image

 

走行距離467㎞

20代なら日帰りも可能な距離ですが(いや、観光とか全くせず、ひたすら走って、となりますけどね〜苦笑) 、大人になった今は、ゆっくりと時間をかけて、楽しめた距離でした。

 

一月経って思い出しても、実に濃く、心に残る二日間でした。この調子でまたバイクに乗りたいなぁ〜♪( ´▽`)

夫の肋骨がきれいに治ってからですが…

 

こぎく

続・世界遺産

バイク

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

初日分を投稿した翌日には書くつもりでいたはずなのに、記憶がないまますでにお彼岸も過ぎ…一体何をしていたのやら。

写真を見ながら、この頃は夫も元気だったなぁ〜としみじみ振り返っております。

あ、いえ、無事ですよ、夫。

ちょっと肋骨の2、3本折れてしまっただけで(苦笑)

しっかり養生してもらいます〜

 

さて、夫の怪我は置いといて、夏休みの続きでございます。

初日の夜、ペルセウス座流星群を見よう( ´ ▽ ` )ノという意気込み虚しく気付いたら朝、くらいにぐっすり眠って、目覚めの心地良いこと(笑)

朝日の中、お宿の温泉で朝風呂を浴び、二日目始動です。

心配だった予報を覆しての快晴!熊野の神様ありがとうございます。

 

f:id:kogikuya:20160919103804j:image 

お世話になった雲取温泉。

雲取温泉 高田グリーンランド【公式サイト】|薬草風呂やゲルマニウムの温泉

 

雲取は、近くの地名、大雲取、小雲取からですね。熊野古道でもある大雲取越、小雲取越は、雲を掴むが如く高さにある、というところから名付けられたそうです。いつかは熊野古道を徒歩で行きたいなぁ。

 

さて、宿を出てまず向かったのは、小栗判官蘇り伝説でも有名な『つぼ湯』。世界遺産の中ではここだけ、という、現在も営業している公衆浴場です。

世界中から観光客が訪れるとの事で、この日も私達の前にイタリアからというカップルが並んでいました。どこから来たの?という会話が生まれるお風呂というのも、あまり無いですよね(笑)

 

f:id:kogikuya:20160919105830j:image

この小屋の中に…

 

f:id:kogikuya:20160919110130j:image

微かに乳白色を帯びた深い色。

 

時間帯や天候の影響を受けて、七色に変わるというお湯。少し熱めですが、好みの温度になるまで水を足し、気持ち良く使わせて頂きました。

このつぼ湯については、公式ページや旅行案内サイトで、その由来や利用方法を詳しくご説明下さっているので、ぜひご覧になられてからご訪問下さいね。

公衆浴場・つぼ湯|熊野本宮観光協会

湯の峰温泉・つぼ湯がすごい!本当は誰にも教えたくない世界遺産の秘湯について。 - Find Travel

 

つぼ湯で湯垢離をした後、ちょっと寄り道。実は友人がこの湯ノ峰温泉の旅館で女将として働いているのです。

 

f:id:kogikuya:20160925171925j:image

(画像は伊せやさんHPからお借りしました)

湯の峰温泉 伊せやのホームページへようこそ

 

こちらのお湯も濃厚な泉質らしく、入りたかったのですが、今回は時間が足りず断念…つぼ湯の待ち時間が長かった〜(泣)

近々また熊野詣とお宿への再訪を約束してお別れ。ほんとに顔を見に行っただけになったけど、会えて良かった!また行くねー( ´ ▽ ` )ノ

 

そしてようやく今回の目的地、熊野本宮大社へ。

 

f:id:kogikuya:20160919183122j:image

正面の鳥居をくぐり

 

f:id:kogikuya:20160919183427j:image

階段を登って…ぜぇぜぇはぁはぁ言いながら…

 

f:id:kogikuya:20160919183237j:image

f:id:kogikuya:20160919183320j:image

 ようやく楼門に辿り着きます。

この門から向こうは神様の御座しますところ故、撮影は禁止されており、ご遠慮申し上げました。中の様子はぜひ現地にてご覧下さいませ。

 

f:id:kogikuya:20160919183705j:image

素戔嗚尊に仕え、太陽の化身で三本の足があるという八咫烏。導きの神としても信仰されているそう。

 

神様に皆さんの蘇りを祈願し、正しい方向に導いて頂けるよう参拝して、下界へ。

 

f:id:kogikuya:20160919224142j:image

降りるだけでも脚腰が震えてきます…

 

そして本宮大社から徒歩五分。

 

f:id:kogikuya:20160919224453j:image

こんなに撮るー⁉︎ヽ(´・Д・)ノ

 

ツーリング先でも帽子と長袖上着は必須です。そして…腰から手拭いぶら下げております(苦笑)。朝風呂で使って濡れていたため、こうして走ると直ぐ乾くし、汗を拭うにも、ご不浄の後でも使い易く便利でしたので、ついそのままでしたσ(^_^;)

 

気を取り直し。

 

f:id:kogikuya:20160919225053j:image

大斎原(おおゆのはら)

 

かつてはここに熊野本宮大社がありました。神様が舞い降りたというそのお社地に私達もお参りに。

f:id:kogikuya:20160919225657j:image

鳥居をくぐると樹々の間に少し開けた地が見えました。清々しい緑と降り注ぐ陽の光に、曇った心も洗われた気がします。(いや、きっと本当に洗われました‼︎)

こちらも鳥居をくぐった向こうは撮影禁止ですので、ぜひ現地に行って、ご自身の目でご覧になって下さいね。

 

本来なら熊野詣は、熊野三山、つまり、熊野本宮大社、熊野速玉大社、那智大社、の三社にお参りするのが正式との事でしたが、お盆の世界遺産はどこも混んでいて、大斎原で時間切れとなりました。

 

ここから帰路に着くのですが、その途中もちょっと楽しかったので、別記事にてご紹介させて下さいね。

 

ひとまず、世界遺産の旅の記録は、これにておしまい。

 

こぎく

 

 

 

 

今年の夏も世界遺産

バイク

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

 

お盆も終わり、暑さも少しはましに…ましに…なってない‼︎

なかなか厳しい暑さが続きますね。

お盆に夏期休暇を取られた方も多いのではないでしょうか。そろそろ現実に戻って…以下略(苦笑)

 

我が家でもちょうど休みだったので、いろんな事からちょこっとお暇をもらって、久しぶりにツーリングに行って参りました!

以前は毎年恒例だった夏休みツーリングでしたが、ここ数年は私がひどい貧血で、バイクに乗る事も出来ず、長らく遠ざかっておりました。

漢方薬と普段の養生のおかげか、最近は少し元気になってきて、また乗れるかも?乗りたいな〜と思うまでに。

思い切って夫に言ってみたら、私の体調を心配してくれながらも、ほぼ即決!(まぁ、寝ても覚めてもバイクLOVEな夫ですから、断られることはありませんけどね〜笑)

 

直前の思い付きで、宿が取れるかどうか心配でしたが、姉弟子さんのお陰で奇跡的に予約でき(Hさん感謝感謝ですー‼︎)、当日の朝は夫より早起きして準備して、いざ出発!

走る前から盛り上がり過ぎている様子がこちら…

f:id:kogikuya:20160816200352j:image

 

今回の目的は、熊野本宮大社へのお参り。

熊野本宮大社は、甦り、新しい人生が始まる神社、と言われています。自分達自身はもとより、家族も、友人も、皆さんが健康で元気に甦れるようお参りしようと決めました。

 

ルートは、和歌山出発で京奈和道路を通って奈良の五條まで行き、吉野を抜けて169号線で南下、奈良、三重、和歌山と行ったり来たりしながら熊野まで。

 

途中、吉野で渋滞にハマり、汗だくで泣きそうになりながらも、山の中に入り、景色を見ながら緩やかなワインディングを抜けて行くのは幸せ以外の何物でもなく、休憩中、走ってるだけやのに何でこんなに楽しいんやろ〜♪( ´▽`)と言って夫と笑い合ったり。

 

途中こんな道を通ったり

f:id:kogikuya:20160816203947j:image

ダムの堰堤です(汗)

f:id:kogikuya:20160816203953j:image

 

車一台がやっとの幅の国道を通ったり、手掘り?と思えるようなトンネル(ほんま怖いんです〜)を抜けたりして、ようやく宿に着いたらもう日暮れ。

温泉に浸かって浴衣に着替え、の〜んびり。

 

f:id:kogikuya:20160817134439j:image

 

今回、荷物の中に浴衣を忍ばせて参りました!お宿の浴衣は大抵サイズが合いませんし(たいてい身丈がふくらはぎ位までしかない)、どこでもお気に入り浴衣を着たい乙女心とで、夫を説き伏せて詰め込みました(苦笑)

夫はお宿の浴衣を…あれ?帯の結び目変ですねσ(^_^;)

正面からの写真は二人とも力士っぽさ半端ないので割愛します。

二人ともーっ⁉︎(笑)

 

長くなりましたので、続きは次の日記にて。

 

こぎく

 

夏を乗り切るために

お家ご飯と薬膳

みなさまこんにちは。

こぎくやでございます。

 

明日は立秋というのに、今日も汗が流れる暑さ。そして一歩建物に入ると凍えるかのような寒さ。(凍える寒さ、は、至極個人的感想です)熱中症対策、冷房対策は、いずれも万全になさって下さいね。

 

さて、まだまだ続く夏の暑さ、寒さを乗り切るために、食いしん坊家族の我が家は、もちろん食べ物で対策するのですが…

 

こぎく、初めて桃を買う

 

f:id:kogikuya:20160806105806j:image

 

朝ドラのサブタイトル的に書いて見ました(笑)

人生50年近く生きて来て、初めて自分で桃を買いました!

実は、今までは、桃はもらうもの、だったのです♡ありがたいことですね〜

小さい頃は、母の親戚があらかわの桃農家さんで、洗濯物カゴ(笑)いっぱいにおばちゃん曰くの『くず桃』(と言っても市場に出すには少し傷が付いてしまった程度で、中味は実に美味しい桃でした)をもらっていましたし、大人になってからも、実家の父がお中元に何箱も買うのをお裾分けしてもらってます。

 

おかげで、桃の相場を知らずに育ってきました(育ちすぎ)。

桃、高っ‼︎今までどんな贅沢な食べ方して来たのか、初めて知りました。全ての桃農家さん、ありがとうございます♡これからはもっと味わっていただきます〜

 

閑話休題

すみません、桃を買う話ではありませんでした。夏を乗り切るために桃を食べる、というお話しをするのでした。

 

今年もあちこちからもらった桃を全て美味しく頂いた頃、夫が風邪をひいて寝込みました…(涙)

そこで桃再登場。

 

なぜ、桃なのでしょうか。

桃の薬膳的性質は…

身体を潤わせ、少し温める作用があり、気と血を補い、巡らせる。腸を潤わせて元気にしてくれる。

甘味と酸味が程良く相まっていて、滋養強壮に良いことと、必要以上の水分が身体から流れ出るのを防ぐ。

 

えぇー⁉︎

良いこと尽くめではありませんか♡

夏バテ、夏冷え、どちらも解消してくれて元気にしてくれるだなんて!

有名な話かもしれませんが、桃太郎伝説で、太郎さんが桃から生まれた、というのは、実は、老夫婦が桃を食べて若返って、子どもを授かった、ということから出来た話だとか。(もっと突っ込むと、神話の時代にまで遡って同様の桃伝説があるそうです)

もちろん、老夫婦といっても昔のことですから、20代後半から30代頃かと思われますので、現代なら子供を授かっても不思議ではないですが、当時の人々にとっては後世に語り継ぐほどのことだったのでしょうね。

 

そんな訳で、夏疲れで倒れそうな2人、もうしばらく、桃が出回っている間は桃を食べて乗り切ろうと思います。

 

こぎく

 

 

梅雨のごはん

お家ご飯と薬膳

みなさまこんにちは。

こぎくやでございます。

 

雨の毎日ですね。

梅雨ですからね、仕方ありませんし、今降らなければ作物の収穫にも影響しますので、降るだけ降ってもらって、夏の太陽を待ちましょう。

 

ところで、梅雨の時期悩ましいのは、いつ洗濯をするかという事と、個人的にとても辛いのが、身体の怠さとアトピーの悪化です(涙)

 

私の場合は、梅雨の湿気で胃腸が弱り、身体が排出出来なかった余分な水分が、体表に湿疹を起こしているのだそうです。

 

そこで、漢方薬で身体の働きを底上げして、日々のご飯でも身体を労わっています。

 

梅雨時期には…

●水分の排出を助ける

●消化を助ける

これらの働きをしてくれる物を食べるのが良いとされています。

 

そこで、我が家で頻繁に登場するのがこの炊き込みご飯2種類。

 

f:id:kogikuya:20160714233743j:image

とうもろこしご飯♪

身体を冷やすことなく、余分な水分を排出してくれるありがたい食材。

レシピを知って以来、旬が来るたびに、毎年欠かさず作っていましたが、薬膳的効能を知ってからは頻度が上がりました!

ただ…肝心のレシピですが、10年以上前のテレビ番組で紹介されていて、番組が終了していてウェブサイト自体がありませんでした…ごめんなさい(・・;)

 

参考までに、既に我流となってしまった我が家の分量を載せておきますね。

お米…2合

とうもろこし…中サイズ一本

牛乳…90cc(風味が良くなります!)

水…270cc(水と牛乳を合わせて2合分の水分にしてます)

お塩ひとつまみ

※炊く時には芯も入れて下さいね〜

 

f:id:kogikuya:20160714233857j:image

生姜ご飯♪

生姜は身体を温めてくれて、気血を巡らせ、消化を助けてくれます。

昨年の梅雨時、子どもの頃食べていたのを懐かしく思い出し、ネットでレシピを探しました。 ⇨新生姜の炊き込みご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com

※こちらのサイト、和食の作り方を丁寧に教えて下さっているので、よく参考にさせて頂いています♪( ´▽`)

 

この炊き込みごはんと季節のお野菜をバランス良く頂いて、梅雨の怠さを乗り切ります〜

 

こぎく

 

お知らせ

着付け

みなさまこんにちは。

こぎくやでございます。

 

しばらくご無沙汰してしまいました。

おかげさまで春先からお問い合わせを頂くことが増え、楽しくお稽古させていただいております。

 

そんな最中ではございますが、当分の間、お稽古の新規募集と、着付けサービスをお休みさせて頂きます。

離れて暮らす家族が入院することになったため、こぎくやの活動をお休みさせてもらい、帰省することに致しました。

 涼しくなる頃に再開できればと思っております。

 

私の勝手な都合で、日程変更をお願いしたり、他教室を紹介させて頂いたりした皆さまには、大変申し訳ございませんでした。いずれかの折に、あらためてお詫びとお礼をさせて頂きたく存じます。

(急なお願いを引き受けてくれた千松ちゃん、本当に、本当にありがとう‼︎)

また、お問い合わせ下さいましたのにご希望に添えずお断りしてしまった皆さまにも、ご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

 

再開の目処が立ちましたら、またこちらと、ウェブサイト上でお知らせ致します。

お休み中は、趣味のことなどを、ゆったりペースですが投稿したいと思っておりますので、ふとした折りにでも思い出してご訪問頂ければ幸いです。

 

こぎく

 

 

 

大阪・本町キモノフリーマーケット

着物でお出かけ
みなさまこんにちは。
こぎくやでございます。

待ちに待ったゴールデンウィーク♡お出かけのご予定はお決まりですか?
着物好きさんには既にお馴染みかと思いますが、大阪は本町で、キモノフリーマーケットが開催されます。

f:id:kogikuya:20160429124721j:image
f:id:kogikuya:20160429124909j:image

とき 5月1日 朝10:30〜夕方5:30
ところ 大阪・本町 愛日会館


リサイクル品あり、新品あり、手作りあり、一日中居ても楽しめるフリマ‼︎

今回、こぎくやは出店しませんが、お仲間のDECOESが、あるもん屋さんと合同で、『あーるデコ』として出店しています♪ぜひお出かけして、お気に入りの着物を、お手頃な価格で見つけて下さいね〜( ´ ▽ ` )ノ

こぎく