こぎくの着物便り

着物と、暮らしと、時々バイク。着付け講師こぎくの好きなことを綴ってまいります。

住吉っさんで夏越の祓え

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

ご訪問ありがとうございます😊

 

七月も、はや、一週間が過ぎました。

ぼーっとしていたら、あっという間に今年が終わってしまいそうなので、せめて記録と着録を。

 

***

 

先週の土曜日です。

住吉大社の夏越の大祓式に参加して参りました。

 

住吉っさんでは、七月末に大阪中の祓えとして、住吉祭りが開催されますが、六月末にも、その年前半の穢れを祓ってくれる大祓式が開催されます。

f:id:kogikuya:20180708141618j:image

快晴!

 

鳥居をくぐってお参りします。
f:id:kogikuya:20180708141623j:image

 

太鼓橋も端を渡ります。
f:id:kogikuya:20180708144136j:image

 

間も無くお祓い式が始まります。

f:id:kogikuya:20180708141954j:image

 

門の奥、白黒の幕が張られているのが見えますでしょうか?

幕のこちら側は、まだ祓われていない穢れた私達(笑)が群れを成しているので、穢れが神域に入らないように、という気配り。

かどうかは知らんけど。

 

式が始まってからは、神事ですので、撮影は遠慮しておきました。

ご興味おありの方は、ぜひ来年の大祓式にお運び下さいね。

 

この日は大祓式の直前から、空がごろごろピカピカ⚡️

そして、式が終わると同時に、ざっぱぁんと、天上の底が抜けたんじゃないかというほどの大雨🌊

宮司さんの祓詞に続き、雨で洗い流してもらい、ちょうどええお祓いになりました!

 

雨の中、本宮へのお参りを済ませ、帰路に着きます。

 

いつもなら水面に美しく映る太鼓橋ですが…水面は激しい雨に打たれて。

f:id:kogikuya:20180708142024j:image

 

傘持ってて良かった。
f:id:kogikuya:20180708142028j:image

 

帰りに遅めのお昼ごはん

f:id:kogikuya:20180708144338j:image

 

この日の手拭いは、神社参りに因んで、狛犬柄。

お江戸の作家、小倉充子さんの作品です。

カッコいいなぁ〜いつかは充子さんの粋な浴衣を着てみたいです♡

 

夏越の祓えの締め
f:id:kogikuya:20180708144342j:image

 

水無月

白玉粉と葛粉で。

美味しく厄除けできました♡

 

チラチラ写っていましたが、この日の着物

f:id:kogikuya:20180708144727j:image

 

新之助上布の本麻着物に半巾帯

住吉っさんに因んで、兎の帯留めを。

 

夏は麻の着物ばかりに手が出てしまいます。

汗にも雨にも平気ですし、自宅で洗えちゃいますものね!

 

みなさま!

この夏もお着物楽しみましょう〜(*゚▽゚)ノ

 

こぎく