こぎくの着物便り

着物と、暮らしと、時々バイク。着付け講師こぎくの好きなことを綴ってまいります。

有職造花 雲上流展へ

みなさまこんにちは。

こぎくでございます。

ご訪問ありがとうございます😊

 

土曜日は久しぶりに着物で京都へ。

有職造花の作品展を見て参りました。

 

京都市国際交流会館 和風別館

10月20日(土)、21日(日)

11時〜18時  入場無料

※今日まで開催されています!

 

f:id:kogikuya:20181020232044j:image

 

御所で行われる儀式の花から始まったとされる造花で、絹布や絹糸で作られるものです。

長い歴史を持つ伝統工芸ですが、今まで作品を間近に拝見する機会はありませんでした。

 

f:id:kogikuya:20181021000402j:image 

ケロたんちゃん、千松ちゃんと一緒に。

 

玄関を上がるとすぐに作品がお出迎え下さいます。

 

なんて…

なんて…

なんて繊細な!

f:id:kogikuya:20181021001515j:image

この松の葉、絹糸で作られています!

(※撮影はご自由にどうぞ、とのことです。

ただ、作品にはお手を触れないよう、また、周りのお客様へのご配慮を、とのことでした)

 

重陽という名の作品。

f:id:kogikuya:20181021001536j:image

 

寄って撮影させてもらうと…

f:id:kogikuya:20181021001636j:image

 

菊の花弁一枚、一枚が、丁寧に、実に丁寧に作られ、重ねられていました。

 

他にも様々な風景を模した作品や、薬玉が。
f:id:kogikuya:20181021001640j:image
f:id:kogikuya:20181021001630j:image

f:id:kogikuya:20181021005952j:image

 

現存する古い作品も。
f:id:kogikuya:20181021005950j:imagef:id:kogikuya:20181021005945j:image

 

丹精込めて、丁寧に作られた作品の数々。

繊細な美しさに溜息です。

 

とはいえ、携帯カメラの写真では伝えきれません…

ぜひとも、会場へ足を運んで、実際の作品をご覧下さいませ。

 

会場の国際交流会館は地下鉄蹴上駅からすぐ。

近くには南禅寺や、蹴上インクライン、日向大神宮などもあり、秋のお出かけにぴったりです。

木々も少しずつ色づき始めた京都へ、ぜひ!

 

 

こぎく