読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

月の夜に春想う

みなさまこんにちは。
こぎくやでございます。

昨夜はきれいな満月でしたね。
まん丸なお月さんを見上げながら、舞のお稽古に参りました。

今勉強させて頂いているのは、『縁の綱』という地歌です。

f:id:kogikuya:20160224201359j:image

春はいつ 傘に降らるる雪よりも
つれなき人の冷たさを…

深々と降る雪の中、恋しい相手を想う女性の、
切ない心をうたった曲です。
途中、喧嘩をして拗ねて見せたり、神様にお願いしたり、
女性らしい振りばかり。
そして、地歌ならではのゆったりした流れ。

難しいです…

この曲では和傘を使うのですが、それ故さらに難易度が上がって、
身体は常にガチガチに固まり、未だに振り自体が怪しい状態…

ですが、いつまでもそんな事を言ってはいられません。
そろそろお尻に火が点き始めました。

f:id:kogikuya:20160224212529j:image

四月二日(土)十二時開演 於 大阪美術倶楽部
山村若静紀門人お浚い会『第九回 はるの会』

会場も素晴らしいところですし、季節はちょうど花の頃。
お越し下さる皆さまに楽しんで頂けるよう、精進致します。

会が近づきましたら、またあらためて書きますね。
まずは簡単ですが会のお知らせと、自分への発破を兼ねて。

こぎく

着付けのお稽古・着付けのご依頼承っております。
詳しくはHPをご覧下さいませ。