読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

3月の薬膳教室

お家ご飯と薬膳
みなさまこんにちは。

日に日に春めいて来ましたね〜♪桜の花もちらほら咲き始めてウキウキ。
春は暖かく気持ちも明るくなって身体も動きやすくなりますが、
冬の間に身体に溜め込んだ毒を排出するのにも良い季節なのです。

なので、今回の薬膳教室のメニューは、解毒!がテーマ。
まずは養生茶を頂きながら座学の時間。

f:id:kogikuya:20150329023135j:plain

茉莉ミントレモン茶
隣にあるコロンとした実は、クラスメイトの方が持って来て下さったフリーズドライの棗と山査子。
ほのかな甘みで美味しかったです。フリーズドライのものは初めて見ましたが、見つけたら自分でも買おう♪

座学が終わればレシピの説明を受けて、いざ、調理実習!
ここで実習することで、ちょっとしたコツや、自分では省いていたけど本当はミソなポイントなんかを教わり、普段のご飯にも役に立ちました。

f:id:kogikuya:20150329023157j:plain

ちゃんと自分達で調理していますよ〜(でも写真を撮る私はやっぱり人任せ…汗)

そして出来上がりましたのがこちら!

f:id:kogikuya:20150329023229j:plain
ジャーン‼︎

土鍋で作るパエリヤ(≧∇≦)
これがもう皆さんお代わりが進むススム君♪
胃腸の調子が不安だった私は残りをタッパーでお持ち帰り。
色んなお出汁がしみてうまうまでございました。これは絶対自宅でも作ります。

全体はこんな感じです。
f:id:kogikuya:20150329023256j:plain

あぁ。もう一度食べたい…
て言うか、先生んちの子になりたい…生徒みんな共通の思いです(笑)

ところで、この日の座学テーマは『オリジナル薬膳を作ってみよう』でした。
様々な症状(証)に合わせた料理を自分で考え、教室で発表することになっていました。
普段作っている料理を、どんな症状に合うのか、どんな効果が期待出来るのか、材料から紐解いてみる、というのもあり。

前日までこの宿題を忘れていた私は、慌てて紐解くパターンで考えてみました。
発表したのは『豚と山芋のオイスターソース炒め』
豚肉、山芋、小松菜、黒木耳を使うこの炒め物は、潤わせて胃腸を元気にしてくれるお料理です。(たぶん)

他の生徒さんが発表されたお料理も、元気になれそうなメニューばかり。
皆さん参考にさせてもらいますね〜

2年とちょっとお世話になった薬膳教室ですが、これで一旦お休みされます。
また再開される時を楽しみに、しばらくは実践する薬膳生活を目指します。
エリン先生、クラスメイトの皆さん、ありがとうございました^ ^

こぎく