こぎくや便り

普段着物生活のあれこれや、お稽古事の記録などを綴ります

天狗と龍の棲むところ(前編)

みなさまこんにちは。
こぎくでございます。

秋雨が来て、また一段と季節が進んだような。
日一日と秋の深まりを感じ、楽しみな気持ちと、切ない気持ちが綯交ぜになります。

爽やかな秋晴れの週末、ひとり旅に出ました。
近くて遠い、天川村洞川温泉郷。

天川村へは、弁財天様へのお参りに何度かお邪魔したことがありますが、洞川温泉を訪ねるのは初めてのこと。


始まりはこの本たち。
f:id:kogikuya:20171003114143j:image

SNSで見かけて気になり、通販で取り寄せたらもう心は洞川へ。
旅とくらしの玉手箱 フルコト

お宿探しを始めると、どこもいっぱい…
諦めきれず、日延べして再度尋ねてみて、無事に予約出来ました。

洞川は、修験道の霊山、大峯山の麓にある温泉街で、山の戸開け期間中は、行者さんや観光客で大変賑わうところです。

 毎年九月二十三日に戸閉めとのことだったので、それまでが繁忙期だったのですね。

 

洞川温泉郷へは電車とバスで。

阿倍野から近鉄電車で一時間と少し、下市口駅からバスで一時間と少し。

乗り継ぎを含め、自宅からは四時間ほど掛かりました。

 

f:id:kogikuya:20171004001315j:image

 

洞川温泉バス停前の景色。

橋の上からでも、魚の泳ぐ様子も川底の石も見えます。

山の樹々は少しずつ紅葉し始めていました。

 

f:id:kogikuya:20171004081647j:image

すすき野原を抜けて

 

f:id:kogikuya:20171004145730j:image

ずんずん進みます。

 

f:id:kogikuya:20171004145927j:image

川をさかのぼり、

 

f:id:kogikuya:20171004150118j:image

光の方へ

 

f:id:kogikuya:20171004150228j:image

誰かに呼ばれた気がして振り返ると、小さな森の人でした。

 

空想です。

 

そんな気になるほど、密やかで、美しい景色を見せてくれました。

 

今回、山には入っていませんが、登山道がありましたので、いつかは…と新しい希望も湧いて来ました。

 

ですが、洞川温泉郷での素敵な出来事はこれだけではありませんでした。

長くなりますので、後日また。

 

こぎく

 

※タイトルはもちろん空想からですが、元ネタがありますので、後日に。

※ずいぶんな距離に思えますが、バス停前の写真から、最後の写真まで、2㎞ほどです。

 

こちらは密かに毎日更新しています⇨こぎくの食卓 食べて元気